心の特効薬☆メンタルが安定する習慣と言葉集

人生哲学

メンタルが崩壊したとき、100冊を超える本を読んで「心の特効薬」としてまとめました。

その中から、実際に効果のあった「メンタルが安定する習慣と言葉」を厳選してお伝えします。

規則正しい生活

朝の習慣

いい朝を迎えた日は1日いい気分で過ごせます。

朝日を浴びる・水を1杯飲むといった簡単な習慣を取り入れるだけでメンタルがぐんと安定します。

・早寝早起き
・朝日を浴びる
太陽の光は幸せホルモン「セロトニン」をつくる。朝日を浴びながら「両手を上げて・背筋を伸ばして・ゆっくり深呼吸」を1週間続ける。
・起床後のストレッチ
・コップ1杯の水か白湯を飲む
胃腸が活発になり、サラサラな血液が全身に行き渡るイメージで。
・ゆっくり朝食をとる
・朝の20分運動
起床後1時間以内にワンツーワンツーとリズム運動(ウォーキング)を行う。ラジオ体操もGoog。

夜の習慣

夜の習慣をちょっと変えるだけで、心とカラダをしっかり休めることができます。

・39~40度のお風呂に15分浸かる
・寝る前の動作はゆっくりと
・寝る3時間前は食べない
・寝る前15分を使ってポジティブ日記を書く
・寝る前はポジティブ思考または何も考えない
・寝る前にやろうと思ったことを書き出す
・1日7時間睡眠

バランスのいい食事

体重は増やすのは簡単ですが減らすのは本当にむずかしいですよね。

腹八分目を心がけ心身を整えましょう。

・1日3食
5~6時間おきによく噛んで食べる。食べる量は朝4:昼2:夜4。
・ストイックな食べ方はNG
嫌いなものをムリして食べない
・白米、白砂糖、脂、熱帯性果物、柑橘系、カフェインはNG
セロトニンの95%が生成される腸の健康は、自律神経に直結。
・タンパク質をとる
タンパク質は自律神経の原料となる

適度な運動

カラダを動かすことは、心の健康と直結しています。

意識的に運動習慣を取り入れてメンタルを安定させましょう。

・下半身→上半身を鍛える
股関節、ふくらはぎ、膝裏、肩甲骨、首を重点的に。下半身が緩めば上半身も緩む。
起床後、入浴後、就寝前に3分でもいいから毎日つづける。
・適正体重の維持
脂肪が少ない=免疫力が弱い

メンタルケア

日ごろの心がけ

ぼーっと生きていると、他人の言葉に引っ張られたり気が散ってメンタルが不安定になってしまいます。

そうならないためのヒントをお伝えします。

・ぶれない軸を持つ
・社会とつながる
・結果より受け取り方
・ウィッシュリストを作り何度も見返す
・気合は関係ない。自分が弱いからではない。
・自分がどうあるべきか考える
社会への甘え、人のせいにする、現実逃避はNG
・自分をいたわる
・何事もトゥーマッチはダメ
・「もっともっと症候群」をやめる
・したたかに自分を甘やかす
・人生は心ひとつの置どころ
・どこまでもまず人間をつくる
・取り越し苦労NG
・本心良心にもとった言動はしない
・言葉に気をつける
不平不満NG、現実以上のことを考えない
・どんなことにも感謝
原因あっての結果
・結論は積極的な断定で終わるように
・当然でないことを当然に考えない
・あるがままに生きる
・気を散らさず意志力を持つ
・素直に、ニュートラルに、とりあえずやってみよう
・自分で決断する癖をつける
ワクワク、難しい、ドラマティックを選ぶ

自分にかけることば

人生でもっとも長く付き合うのは、まぎれもなくこの「自分」です。

そんな自分とは、日々数えきれないくらいの対話をしていますよね。

もしそれがポジティブな対話だったら・・・メンタルが安定すること間違いなしです。

・これでいいのだ/それでいいのだ
・ス~
・だからどうした?
・今のままでいい、ありのままでいい(自己受容)
・まあいいや、だいたいで。

生きるのが辛くなったとき

肩の力を抜くってそんなに難しいことじゃないです。

「楽になりたい」と思った瞬間から、すでに抜き始めているのですから。

そのダラっとした時間で生きる力は蓄えられるのです。

・辛いときこそ上を向く、笑顔をつくる、姿勢を正す、手を広げる
・初心忘れるべからず
・早いうちに諦める
家族にさえ100%依存しない。苦しみを100%理解するのは不可能だから。
・挫けてもいい。時がくれば楽になる。
・もし明日死ぬなら今自分は何が必要か?を自問する
・人生にそんなに期待する必要はない。ほどほどがちょうどいい。
・生きていく理由もないけど、死んでいく理由もない。
今死ななくてもいつか必ず死ぬ。それまではまあなんとか生きればいい。
・自然の中に身を置く。心身を自然法則にそむかせないこと。
・幸福感が人生の目的ではない。自分が何であるかを知ること。
・人間らしく生きるには第一に「生き方」、次に「活かし方」
・心身統一
神経系統は心が積極的でないと完全に働かない。心は常に積極的に。
・自分に合う空を見つける
できるだけ人も風景も遠くをぼーっと見る

人間関係に疲れたとき

悩みの大半は人間関係と言いますが、人との関係なくしては誰も生きることができません。

人間関係って難しい。

でも必要なものだから、いっぱい悩んで学んでいきましょう。

・いい人をやめる
・自分が誰かを愛したこと、誰かに愛されたことを思い出す
・性格ではなく行動を変える
・長所を伸ばす
・自分の負担を少しでも軽くしながら、したたかにずる賢く生きる。
・自分と縁がある人だけでも助けられれば
・自分を偽善者だと思って開き直る
・人間は悪で当たり前。裏切られることに慣れる。考え方を切り替える。
・人からどう見られているかはどうでもいい
・自分が変わる
・オフの日は余計な情報をインプットしない
・自分あるいは他人の言動の消極的なものは排除する
・相手の言った言葉に引っかからないようにする
・常に菩薩観音の気持ちを持ち相手を批判しない
・主張しない、任せる
・ハグ、おしゃべり、親切、ボランティア、スキンシップ

ストレスを感じたとき

ストレスは目に見えないけれど、そこにいると感じるだけで存在感を増すものです。

ムシするのはよくないけれど、うまく付き合うことが必要です。

・ストレスは受け止めずスッとかわす
・読書する
面白いとか心が軽くなる内容を選ぶ
・水回りをきれいに。生理整頓。

不安になったとき

不安は誰でもあるけれど、目に見えないから・正体がわからないから怖いんです。

でもその裏で、一等地を無償で与えて、水をやって、栄養分をまき散らして・・・

そうやって不安を立派に育ててるのは、まぎれもなくこの「自分様」。

・引き算をして自分をシンプルにする。過剰な何かを取れば不安はなくなる。
(例)人、仕事、責任感、物、情報、欲望、自分にはできるという思い
・ダメだ、弱いんだ、神経が過敏なんだと自分に安っぽい見切りをつけない
・不安は何もしないと増え行動すると減る。とにかく何かをはじめてみる。
感情は体の動きによってつくられる。あえて笑顔をつくったり猛ダッシュしてみたりする。
・不安や悩みの原因を取り除くのではなく、考え方・受け止め方を変える。
・今から○○やるぞ!と宣言する
・ネガティブさを認めて開き直る
・姿勢を伸ばして肛門を締める
・腹式呼吸
4秒吸って8秒ゆっくり長く吐く、を5分くらいつづけると次第に落ち着いてくる。
・丹田開発
おへそから指3本分下を意識して、嫌な思いをすべて捨てるイメージでゆっくり呼吸。
自分の足は今、地球の真ん中と繋がっている。自分の脳天は今、宇宙の彼方と繋がっている。自分はとにかく自然の一部なのだ。と。
・鏡に自己暗示
落ち込んだ時は「おまえはグレートなんだ」と励ます
・気持ちを紙に書き出す

嫌な気持ちになったとき

「嫌な気持ちなんかなくなれ」と思うこともあるけれど、そもそもこの気持ちをつくりだしているのは自分だと気づけるかどうか?

・感情を紙に書くきポジティブに締めくくる
・小言を言われたら「ありがとう」と言って笑顔でスルー。説得・反論NG。
・他のものや楽しい事に目を向けて気を紛らわす
近くにあるものを数えたり見たりするだけでもOK
・パワーポーズ(エイエイオーのときのポーズです)

緊張したとき

緊張してるときの自分ってかわいい♡

そんな余裕すらなくなってしまうのが緊張という魔物の世界。

たまにはヒーローになってやっつけちゃいましょうよ。

・緊張とリラックスは裏表一体。思い切り緊張すればリラックス状態に入りやすくなる。
・緊張は成功の徴候
・「パフォーマンスが上がってきた」と緊張を楽しむ
・緊張を客観的に眺める

体調がすぐれないとき

体調がわるいことを自覚した瞬間、もっとわるくなるのは気のせいでしょうか?

「病は気から」は真実かもしれませんよ。

・夜10時に3日連続して寝る。早寝早起き。
・肉体ばかり考えて心まで病ませない
・体は生きるための道具
調子がわるいのは自分でなく第三者、くらいの気持ちで感じてみる。
・病は忘れることによって治る
・回復して元気で活動する姿を絶え間なく描いて行動する=思考は人生をつくる
・訓練して体力をつける 
・完全には治らないと諦めて闘うことをやめる
・自己診断で「この病気に当てはまっている」と不安になる必要はない
・体の不調は2週間を目安に判断
・体調が悪いときなどは1日1食、断食
・自然と共存共栄していれば病気にならない
・症状が良くなっても人間は死ぬまで悩みなんかなくならない

たくさんあってどれがいいのかわからない方もいると思いますが、直感でこれ!と感じたことをぜひ実行にうつしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人生哲学
ぽよらブログ